このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年新卒入社

堀 華子

ビジネスソリューション部 / リーダー

大学卒業と同時に上京し、東京本社の営業部にて人材コーディネーターとして活躍中。自らを「リーダー製造機」と謳い、17名のメンバーを束ねるリーダーとして、育成に励んでいる。

C7c58dbf 30b0 487c b5ab 14fb9af21b6d
Ea8c616d aef9 4663 b275 55874ad8e244

自分の名前で勝負

人と話すのが好きだったので、自分は「営業職」だと思いました。ただ、会社の名前よりも自分の名前で勝負したかったので、個として自分を生かせる会社、かつ人気のIT業界の2軸で会社選びを進めていました。GOOYAには「決まったやり方」がないため、自分らしく仕事を進められるんです。

D39b7141 872e 4c6c accd 7a990110bb6d

「人」で問題を解決していく

お客様の課題を「人」で解決していくことが私のミッションです。担当したエンジニアがプロジェクト立ち上げから参入し、その商品がリリースされたときは間接的ではありますが達成感を感じますし、何よりエンジニアがプロジェクトを通して成長していく姿が見れることに喜びを感じます。

A94addb0 e9e8 4d2e ad44 f0057f415f14

リーダーのスペシャリスト

周りの成長を肌で感じられる瞬間が、一番やりがいを感じます。今後も一番近い距離で周りの成長を感じたいので、マネージャーを目指すというよりも、リーダーというポジションで後輩を育て続けたいと思っています。将来的にはリーダーのスペシャリストとして、唯一無二のポジションを築き上げたいです。

30ea9454 9d53 41f9 97fe e2d31d2a0e6c

帰属意識を持ってもらう

メンバーが増えてきたので、フォロー体制を整えていくことが今の課題です。リーダーを増やしていくことはもちろん、クライアント先に常駐しているメンバーに帰属意識を持ってもらうことも必要になってきます。そのために、時には自らが「発信する側」に立ち、イベントを開催することもあります。

94314c51 2706 4b3c 9c4d f80187bf7216

肌で感じて欲しい

私はGOOYAで過ごした4年間で、「考える力」と「発信力」が身に付きました。新たな環境に飛び込むことは勇気のいることですが、実際にそこで働いている人の声を直接聞く事や雰囲気を感じる事は非常に大事だと思うので、ホームページだけでは伝えきれないGOOYAの良さを肌で感じて欲しいです。

SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

カスタマーサポートに関連する求人票を見る