このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年中途入社

徳永 啓伸

ビジネスソリューション部 / 部長
アパレル、広告代理店、インテリア関連、営業支援、印刷会社等様々な業種を渡り歩いてきた。制作事業部長としてGOOYAに入社後、ビジネスソリューション部の事業部長に就任。
ビジネスソリューション部 / 部長/徳永 啓伸
すばやいスピード感

すばやいスピード感

GOOYAに入社したきっかけは、趣味の「釣り」を通して代表の杉村に出会ったことです。もともと転職するつもりはなかったのですが、ある日突然ランチに誘われ、面接もしていない状態で内定承諾書を渡されたんです(笑)。そのスピード感にびっくりし、思わず承諾書にサインしましたね。
事業を150%成長させ続ける

事業を150%成長させ続ける

移動する前の部署は組織規模が大きくない分、自分が主体となって動いた結果が売上としてダイレクトに跳ね返っていました。一方でビジネスソリューション部はGOOYAの全体の売上の8割以上を占めている部門になるため、いかに「力を合わせてできるか」が鍵になってきます。
確かな実力を求めて

確かな実力を求めて

「人材ビジネスがしたい」とか、「制作ビジネスがしたい」とかは特にないです。ただ、確かな実力が欲しいですね。だから僕としては、「自分が何をやりたいのかイマイチよくわからないけど、とにかく経験を積んで、仕事を通して人間的に成長していきたい!」と思っている人と一緒に働きたいです。
上司が部下の夢目標をつくる

上司が部下の夢目標をつくる

最近、「夢や目標がない若者」が増えてきた気がします。エンジニアの評価面談も僕が行っていますが、「3年後、どうなりたい?」という質問に対してはっきり回答できる人はそう多くはいません。でも、GOOYAでは部下の夢目標をつくることも上司の仕事。同じ会社でも、描くキャリアは人それぞれです。
つまらないとは思わせない

つまらないとは思わせない

様々な業種業態を経験しているからこそ言えることですが、正直今が1番楽しいです。1週間前に決まったことが1週間後には変わってる、なんてこともザラにありますし(笑)。そういった意味では、変化を楽しむことができる人にはすごく合うんじゃないかなと思います。

SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ネットワーク・サーバー設計・構築・運用・保守に関連する求人票を見る