このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年新卒入社

吉田 尚矢

ビジネスソリューション部 / メンバー
GOOYAに入社後、ビジネスソリューション部に配属。人材コーディネーターとして従事した後、現場に出てインフラエンジニアの経験を積む。その後、自らが志願しラウンダーに就任。
ビジネスソリューション部 / メンバー/吉田 尚矢
とにかく、早く「成長」したい

とにかく、早く「成長」したい

元々、大手企業から内定をもらっていたんです。そんな僕が内定を辞退してまでGOOYAに入社した理由は、「成長できる環境」があると思ったからです。大手では10年以上かかるキャリアパスでも、GOOYAなら1/10以下のスピード感で経験を積むことが可能なのでより早く成長できます。

1人1人のエンジニアと向き合う

1人1人のエンジニアと向き合う

ラウンダーというポジションに就任して間もないですが、メインのお仕事は定期的にエンジニアを訪問し、課題に感じていることに対して一緒に解決策を見出すことです。基本的にはランチMTGといったようなラフな形式で、お互いざっくばらんにお話しながらエンジニア1人1人と向き合っています。


「0→1」が生み出すWin×Win

「0→1」が生み出すWin×Win

ラウンダーと言うとなかなかイメージしづらいと思いますが、起点は「自社のエンジニアのキャリアの可能性を最大化させたい」という想いから立ち上がりました。特に、企画中の新人研修プログラム等の「0→1」を作る過程の経験は個人とGOOYAの成長に繋がるため、やりがいを感じています。
キャリアプラン設計

キャリアプラン設計

GOOYAは案件の幅がとても広いので、その分選択肢が多いんです。特に未経験からエンジニアのキャリアをスタートしていく方は、キャリアの想像がつかないと思います。その道筋の一提案ができるよう、個人としても様々な知見・知識・考え方を学んでいきたいなぁと思っております。
まずは挑戦、考えながら走る

まずは挑戦、考えながら走る

このインタビューを読んで下さっている皆さんに一番伝えたいことは、「何事もやってみないとわからない」ということですね。僕自身、営業とエンジニアの両方を経験したからこそ経験に基づいた話ができますし、ラウンダーという新たなポジションで今までの経験を活かせていると思っています。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

内勤営業に関連する求人票を見る